COUNTER29067

 
お知らせ

64回 ミニフォーラムのご案内 

 

日 時:平成29年1017日(火)18:30~20:30

   

会 場: 文京シビックセンター 3階-A会議室

東京都文京区春日1-16-21

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

 

テーマ:「『縮小社会』再構築」の視座と具体的な試み


報告者: 

長瀬 光市
(協会常任理事)
(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授)
井上正良(まちづくり協会理事長)                       

増田 勝(まちづくり協会副理事長、東京家政学院大学客員教授)           

参加料: 無料 (協会会員外は1000円)

 

報告者から>

地方創生が本格始動するにつれ、地域創生を進めるため、私たちの

生活の舞台である「地域空間」をどのように変革していくのかが

問われている。


研究テーマを「安心して幸せに暮らせる縮小社会を築く」と設定し、

調査研究活動を行い、その成果を縮小都市研究会が書籍として

取りまとめました。

その書籍が「公人の友社」から「『縮小社会』再構築」と題して、
10月13日に出版されます。

 
出版を記念して、ミニフォーラムにおいて、
「『縮小社会』再構築の視座と具体的な試み」と題して、報告を行います。

その主旨は、地域を最適な空間に再構築していくために、暮しや生産活動、

交流の場である「地域」を「空間」という視点から捉え、その空間を構成する

「社会的空間」「なりわい空間」「物理的空間」を最適化し、融合、内包した空間を

「地域空間」として、時代潮流に合った新しい形に再構築するための処方箋に

ついて提起します。

 
会場の皆さんと意見交換を通じて、是非「縮小社会」再構築について
議論を深めたい。


 
季刊No.6