COUNTER106260

 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
お知らせ

第87回ミニフォーラム
主催:NPO法人まちづくり協会

■ 日 時:2020年218() 18:30~2030(会場 10分前)

■ 会 場:文京シビックセンター 4階 A会議室
〒112-8555  東京都文京区春日11621
 参加費:まちづくり協会会員 無料  一般参加者(1,000円) ※当日、受付で徴収いたします。
■ 資 料:湘南横浜エリア・エッジシティーのケーススタディー報告書」(約100頁)を贈呈


■ テーマ:「大都市郊外戸建て住宅地を住み続ける」
~湘南横浜エリア・エッジシティーのケーススタディ~


■ 講 師:長瀬光市(パラダイム研究会代表慶応義塾大学大学院政策メディア研究科)

■ 意見交換(19302030

講師と参加者による意見交換

■ 司 会:増田 勝(NPO法人まちづくり協会理事長)

< 主  旨 >
湘南横浜エリアの郊外住宅地は、経済成長期の勤労者住宅地、ベットタウンとして整備されてきました。入居から50年近くが経過し、
人口減少や高齢化、
ライフスタイルなどの変化により、郊外住宅地の崩壊、消滅の危機が叫ばれています。
ケーススタディーを実施した、鎌倉市七里ヶ浜地区、今泉台地区、横浜市庄戸地区、桂台地区、湘南桂台地区などには、
良好なインフラや街並み景観、自然環境、地域ルールなどの地域資源があります。こうした地域資源を活用して、
郊外住宅地再生を目指した活動が、地縁組織とNPO、活動団体、事業者や行政の支援によって取り組みがはじまっています。
湘南横浜エリアで行われている「住民が取り組む住み続けるまちづくり」活動の現状を明らかにして、
空き家・空き地などを活用してまちの新陳代謝を高め、地域コミュニティ再生のマネジメントのあり方について議論を深めたいと思います。

 


 
季刊まちづくり協会 第15号